お手上げドットコム

人生お手上げ気味なバフのぶろぐ。次の目標は300記事達成。

バズり気味の「アプリ連携不要な診断」の名前を騙ってアプリ連携に誘導しアカウント所有者の意図しないところで勝手にツイートを行う連携アプリに要注意。

いわゆる「診断作成サービス」等で作成された、ハンドルネーム等の入力のみでアプリ連携不要で診断が可能な無関係な「診断」の名前を騙って、Twitterのアプリ連携に誘導し、アカウント所有者の意図しない所で勝手にツイートを行うTwitter連携アプリが多数存在する模様。(要は、無関係な「バズってる診断」に便乗して「名前」や「ハッシュタグ」を使って、アプリ連携に誘導している感じ?)*1
具体的には以下のようなツイートが勝手に投稿されている模様。

f:id:otapps:20180828090003j:plain

上記のツイートに含まれるURLは、PCからアクセスすると小さな画像が表示されるだけで、モバイルデバイスからアクセスすると「何か良くわからないアプリの紹介ページ」にリダイレクトされる。
アプリの連携解除を行わない限り、「書き込み権限」が付与されたままなので「本文を変えて別の内容の投稿が行われる可能性がある」。


勝手投稿を行っているTwitter連携アプリ名は…。

  • あなたを女子高生化してみた
  • 人生採点
  • リアル性別診断機
  • 新・恋愛採点表

など。(他にもある模様。)
ちなみに、上記と同名の「アプリ連携が不要な診断」がバズってたりするけれど、それとは関係無い。(恐らく名前を使われている+最初のアプリ連携後のリダイレクト先に設定されているだけ。


なお…。
上記は便宜上、連携アプリ名に含まれる「スペース」を除外して挙げているけれど、実際のアプリ名にはスペースが含まれている辺りが小賢しい。*2
ていうか、既存のバズってる診断の名をかたってるあたりで、「他の人もやってるし大丈夫だろう!」みたいな感じで連携してしまう方が多いのを狙ってる辺りがひどく悪質。



というか、連携アプリ名は作者が任意で「変更」が可能な事、複数のアプリで連携してスパム行為を行っている事(後述)でアプリ名を挙げていってもキリが無いし、「勝手にツイートされる本文」は「それこそスパマーさんの思いのままに変更される可能性がある」ので、これも逐一挙げてもキリがない。
なので、とりあえずの解決方法として、「使っていない・覚えのない連携アプリの連携を解除」する事をオススメしたい。

Twitter連携アプリの解除方法

1.ブラウザから Twitter公式 ( https://twitter.com/ )にブラウザからログインする。
2. 以下の連携アプリ一覧画面にアクセスする。
https://mobile.twitter.com/settings/applications
3.解除対象のアプリを選択して「アクセス権を取り消す」

ツイートの投稿は「書き込み」以上の権限を与えている場合に行われるので、付与されている権限を参考にしても良いかもしれない。

ていうか…。

少なくともTwitter連携アプリ名「人生採点」に関しては、某国内のレンタルサーバを経由して連携を促している事を確認したので、この手の「スパム」を取り締まって点数を稼ぐならチャンスだと思うの、おまわりさん。
明らかにアカウント所有者の意図しない操作を行っているし。

複数の連携アプリを用いたスパム行為を行っているのがウザい

複数のアプリが相互に「連携済みアカウントから連携を誘うような勝手ツイート」を行い、最終的な目的と思われる「なんかダウンロードしたらとりあえず3万もらえたー!!」とか「LINEで友だち追加しただけでお小遣い貰えた!!」といった広告ツイートも行い…といった感じで、説明が物凄い面倒くさい構図になっている。

2018/08/28 22:20 追記

や、もう確認するのもめんどくさいのでURLの飛び先等の詳細未確認ですが…。 今現在「 LINEで友だち追加しただけでお小遣い貰えた!! 」 といった本文で同様の「勝手ツイート」が行われているっぽいです。
今現在、「 LINEで友だち追加しただけでお小遣い貰えた!!」ってキーワードでTwitter検索すると凄い勢いで投稿が行われているのですけれど、連携アプリを利用したスパムネットワークおそるべしですね。

とりあえず…。

  • 良くわからない連携アプリをほいほいと連携しない
  • 連携アプリ一覧画面を確認して使っていない・覚えのない連携アプリの連携を解除する

上記二つをおすすめしたい・・・。

若干重複する所はあるけれど上記のような連携アプリが連携を誘う手口について

*1:連携後のリダイレクト先として、連携不要な元の診断にリダイレクトしている場合もある模様。

*2:Twitter のユーザ向けに表示される「連携アプリ一覧」では、スペースは丸めて表示されるので判断を難しくする意図があると思われる。