お手上げドットコム

人生お手上げ気味なバフのぶろぐ。次の目標は300記事達成。

Amazonのマーケットプレイスでの詐欺が多発しているようで、それについて「疑わしい店舗」を名指ししてSNSで発信している方について思う事。

Amazonでマーケットプレイスを利用した詐欺が多発しているようで。


詳細については「ねとらぼ」さんの以下の記事を参照して欲しい。

nlab.itmedia.co.jp

実際にこの手の詐欺というのは横行している模様。
なので、問題そのもの、手口等についての周知と警戒を促す事は大事だと思うので上記の記事は大肯定。


それに、上記の問題に関係しているかどうかは知らないけれど、一般的な品の名前(メーカーや型番等を指定せずにその品そのものを表現する大まかな名称)で商品検索すると「うっわ!マケプレで新品やっす…。」みたいなのを見かけるようになった。
また、その手の出品を行っている店舗の評価欄をみてみると、数年前の評価が最終だったりして「ぁ。もしかしてこういうのが怪しいのかな。」とか自分自身思う事はある。*1



さて、「ねとらぼ」さんの記事へのリンクをはったのは、あくまでマケプレ詐欺についての説明を省くためであって、以下に書くのはねとらぼさんの所の記事とは、ほぼ関係無い話。

マーケットプレイスでの詐欺の横行に対する反応にむしろ興味を惹かれる

上記の問題に関連して、SNS等で「怪しいと思われる店舗」を「名指し」した上で公に発している個人の方々について。
「あ。多分ここもそうかも!!」みたいなノリで発信している方を結構みる。*2
特に確証があるわけでも無いだろうに*3、店舗名を名指ししている方は「もし見当違いだった場合、その店舗の看板に対して泥を塗る事になる可能性」について考えた上で発していらっしゃるのかと、まずそこに興味を抱く。
更には、恐らくは確証も明確な根拠も無いであろうに「名指し」でそれを公に発信する事による「責任」というものを彼らが自覚していらっしゃるのかという点。
SNS等では、誰もが気軽に情報を発信する事が出来るので、特に意識せずに「名指し」しているのかもしれないけれど、どれだけ気軽に発信した内容であっても、それらは「残る」し、下手をすれば拡散されてしまう可能性もある。
特にSNS等では、情報の根拠・証明されているか等はあまり重視されず、「強気に断言系」で表現されているものが拡散される傾向があると私は思っているので、誤解だった場合、他者または他社に対して「大きな不利益」をもたらしそうな「名指し」での疑惑の投稿には少し慎重になった方が良いのでは無いかと思ってしまう。


二次被害的な「無慈悲すぎるとばっちり」を受けてる店舗とかありそうだよな〜…。だなんて。






と、思うのは、全く別の件で、今現在、「自サイト名指しで無根拠な疑いを公に発されたりして大変迷惑しているから」なのだろうけれど。

*1:思うことはあるけれど、じゃぁその店舗名をとりあえず名指しして警告を発してみようとは思わないし、胸の内に留めて、「自分はとりあえず避ける」という判断をする。

*2:中には、名指しされてるような店舗で、無関係そうな店舗も含まれているように思う。あくまで私個人の見解。

*3:少なくとも私にはそう見える