お手上げドットコム

人生お手上げ気味なバフのぶろぐ。次の目標は300記事達成。

腰痛対策も含めてメインで使用するキーボードをテンキーレスのものに変更してみた。G710+→G310。

先月くらいからちょっと腰痛が酷く、病院で検査して頂いたところ、まぁ、あまりよく無い話で。
腰に負担のかからない姿勢〜というものを推奨されたので、一日の半分以上をコンピュータの前で過ごす事の多い自分としては、とりあえず座り方や座った状態での改善…。

そこで、腰に優しくする方法の一つとして、「そうだ!キーボードをテンキーレスにしよう!!!!」と思いついた。(テンキー有りだと姿勢がどうしてもかたよってしまう気がしたから。)



というわけで、メインで使用するキーボードを…。

Logicool ロジクール G710+ メカニカル ゲーミング キーボード(?軸)

Logicool ロジクール G710+ メカニカル ゲーミング キーボード(?軸)

G710+(青軸)から、

Logicool ロジクール コンパクト メカニカル ゲーミング キーボード G310

Logicool ロジクール コンパクト メカニカル ゲーミング キーボード G310

G310に変更してみた。

それぞれのサイズ感はこんな感じ。

f:id:otapps:20170409111924p:plain
※手前がG710(もう使ってない)で、奥がG310。

G710とG310だと、G310の横にトラックボールを配置して同じくらいのサイズ感。
普段、特に使いもしないテンキーが省かれた事で、ホームからトラックボールまでの距離が短くなって、トラックボールに手をまわしやすくなったし、かたよらなくて済む分、姿勢的にも良い気がしている。(実際には、サイズを気にするなら、わざわざゴテゴテしくなりがちなゲーミングキーボードではなく、FILCOとかのテンキーレスメカニカルとかのがコンパクトで無駄がないのだろうけれど。)
ちなみに、テンキー、個人的にはほとんど使う事がないし、テンキーを使う必要がある程に数字を入力する作業が有るときには、それこそ外付けのテンキーを利用すればいいだけの話なので、実際の作業には全く影響はない。(外付けなら位置も自由に変更可能だし。)

あと、G710はケーブルがやたらぶっとくて、更には重量が結構あるので取り回ししづらいのに対して、G310はケーブルが細く、重量もそれほどでは無いので取り回ししやすい点も気に入っている。



ていうか、「負担のかからない座り方・姿勢」って、行儀の良い座り方ってイメージがあるのだけれど・・・。
足を組まないようにするだとか、椅子の上で胡座をかかないだとか、気をつけてはいるけれど、「気づいたらつい…」って事が結構あるので、個人的に難しく感じてしまう。