読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お手上げドットコム

人生お手上げ気味なバフのぶろぐ。次の目標は300記事達成。

スポンサード リンク

投影式キーボード(?)の意外な使い道。

「キーボード何つかってんの?」みたいな話から、投影式のキーボードに話が移って。

「アレって使い勝手どうなん?フツーに使えるの?」

みたいな問いに対して、

片手でネットサーフィンしている人にとっては便利かも…

って回答にちょっと笑ってしまった。

確かに、普段、片手でネットサーフィンしている方にとっては、投影式キーボード、デスク等にキーを投影するタイプのキーボードは超ベンリかもしれない。
フリーになるのが、右手か左手か、その辺りは人それぞれだろうけれど、多少片手がヌメってたとしても、ネトネトしていたとしても問題無くキー=デスクをタイプする事出来そう。
んで、ソレによって「デスクが多少汚れたとしてもキーボードが汚れる事はなく、デスクをウェットシート等で拭き取ればお掃除完了!」とか。*1

自分自身は、実際には、その手のキーボードを使ったことがない*2というのもあって、投影式のキーボードの利点としてそういうのはあるかもしれないとか、ちょっと感心してしまった。


imp. R2-D2 バーチャルキーボード IMP-101

imp. R2-D2 バーチャルキーボード IMP-101

*1:そんなデスクに触りたくはないけれど。

*2:タイプしている感覚と音が無いとやりづらい。タブレットのソフトウェアキーボードとかローマ字で打っててもストレス。