読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お手上げドットコム

人生お手上げ気味なバフのぶろぐ。次の目標は300記事達成。

スポンサード リンク

モノによっては、高価なものを長く大事に使うよりも「低価格なものを使い捨てたい」という話。

モノとか、その重要度にもよるのだけれど、高価なものを長く大事に使うよりも、「低価格なものを"使いすてたい"」と考える。
以前書いた、「サービスに対して僅かでもお金を払う事による自分の中(だけ)での「安心感」の話。 - お手上げドットコム」という記事とは矛盾するようで矛盾しない

たとえば、利用するサービスについては、自身の管理下に置くことが出来ないけれど「モノ」に関しては自身の管理下に置く事が出来る。

例えば、コンピュータ環境。
プロフィールに記載している通り、バフの中の人の基本の収益源が、「成人男性向けのウェブサイト」、いわゆるアダルトサイトであるが故に、コンピュータがなければ自力で飯を食う事さえ出来ず…って事になるので、コンピュータ自体は自身の生活において深く食い込んでものではあるのだけれど、その「コンピュータ環境」について、大したこだわりは持っていない。

最低限のスペックがあれば良いと思ってるし、それが利用出来なくなったならば、壊れたならば買い換えれば良いと思っている。
国内メーカーというものにこだわりは無いし、基本的には海外の某メーカーのものを利用している。
この手の品を購入する際に「メーカー」や、ブランド等にこだわりを持つ方は多いのだけれど、自身の利用用途的に、そんなに多くの機能や堅牢性を求めない事が多い。
例えば、某国内メーカーの商品(通常保証)と同等かソレ以上のスペックの品を、某海外メーカーでは半額程度で購入する事が出来るので、支持している。

壊れたら買い換えれば良いし、壊れて困るなら予備を用意しておけば良い。
ついでに、自身の利用用途的に、それほどスペックを重視する必要もないので、「低価格」である事を重視していたりする。
利用用途的に、ハードウェア自体は大して重要性ってのを持たず、データのバックアップさえあれば、どうにでもなるので、必要最低限の要件さえ満たしていればそれで良いというか。




立ち位置や、モノそのもの、用途・要求する品質・こだわりによって色々変わってくるのだろうけれど、モノによっては別に〜…(略)みたいな。


なんて、ちょっと酔っ払い気味での投稿。