お手上げドットコム

人生お手上げ気味なバフのぶろぐ。次の目標は300記事達成。

「バフのメールボックスはゴミ箱じゃねーんですよ!」みたいな話。

自身が運営するサービスに関して、ユーザからの問合せや要望を「受け付ける必要がない」と考える理由。』を書こうと思うに至ったきっかけの話。
まぁ、こちらは別にサービスがどうとか関係無くって。

先日、ブログで公開しているメールアドレス宛に、要約すると以下のようなメールが届いた。

件名は「返信希望」。
ハンドルでの自己紹介さえ無く要約すると

○○(海外のホスティングサービス)を解約したいが、ID・パスワードを忘れて困っている。○○は契約が自動更新されるのかどうか教えて欲しい。もしくは○○のメールアドレス(多分問合せ用?)を教えて欲しい。


みたいな内容。

Webで公開しているメールアドレスなので「何コレ?」「うざっ」みたいなメールを受け取る事は多いのだけれど、今回はあまりにも意味不明。
んで、ちょっと考えて思い出した。

「あぁ。そういえば、○○についての記事書いた事あるわ!!!」*1

と。

んでもね〜…。

その○○(海外のホスティングサービス)の公式は普通に開けるし、普通にメールで連絡出来るし、ライブチャットによるサポートさえしてんだよね

f:id:otapps:20150812005002p:plain

みたいな。

つぅか、メールアドレス公開しているからって「見ず知らずの他人のお悩み相談」とかに応じる義理とかねーんですけど・・・とか。
どういう嫌味を返そうかと30分くらい悩んで20行くらい打ち込んだあと、バカらしくてなって、保存も送信もせずにメーラーを閉じたのだけれど…。
なんというか、「ダメ元で!」みたいなノリで他人のメールボックスにゴミ投げ込むのやめてほしいなー…とか思う。

無作為に送信されるスパム等よりも、「中の人」の意図が見え隠れするこの手のメールが一番イラッとする。
見知らぬ他人の善意に期待するよりも、Google翻訳等に頼る方が余程前向きだと思うんだけれど。

*1:別のブログ