お手上げドットコム

人生お手上げ気味なバフのぶろぐ。次の目標は300記事達成。

スポンサード リンク

ブロック済みアカウントチェッカー のはなし。



追記:
ブロック一括解除機能を再開しました。

確か Twitterアカウント @otapps でもちょっと前にお知らせした気がしますが、ブロック済みアカウントチェッカー( http://blockcheck.itby.net/ )について、現在、「ブロックの一括解除機能」を停止しています。
「停止」というか、解除しようとしても、404を返す状態です。
これについては、近日中に修正予定です。
さて、元よりそれほど使われている機能でも無いので、そんな事は些細な事で。

本題は以下。
ブロック済みアカウントチェッカーにはブロック済みアカウント数をカウントして、ツイートするボタンが存在します。

f:id:otapps:20150808202305p:plain


但し、そのボタンは「Twitter公式のツイートボタン」を利用しているので…。
押した所で…。

f:id:otapps:20150808202452p:plain

みたいな画面が表示されるだけで、ツイートボタンを押さないと投稿は行われません。
ついでに言うと、デフォルトで、

○○さんは NN人をブロックしています。

ブロック済みアカウントチェッカー( http://blockcheck.itby.net/ )

といったメッセージが設定されていますが、このメッセージは任意で変更が可能です。
追加のメッセージの入力も可能ですし、そもそもNNの部分、ブロック数を書き換える事も普通に可能です。
任意でツイートを変更出来る以上、そのブロック数等は第三者に対する証明にはなり得ないですし、公式ツイートボタンを利用している以上、そもそもブロック済みアカウントチェッカーを利用しての投稿かといった事さえ証明する事が出来ません。*1


まぁ、via(source)をみれば、公式ツイートボタンからのツイートである事がわかるはずなので(公式ツイートボタンのアプリ名忘れたけど。)本来言う必要さえ無い事だと思うのですが、どうしてこんな心底どうでも良い事をわざわざ記事にしているのかというと…
話の流れは知らないですし、興味がないのでアレなのですが、その根拠になりえないブロック数ツイートを根拠として、第三者に変な絡み方をしている方を見かけたので、一応。
それは何の証明にもならないよ!」って事だけ。

*1:たまに何か面白いとでも思っているのか、仕様上あり得ない数字入れてツイートしている方とかもいますし。